薬局には無いのに人気のクリアブルー

個人輸入の手間を考えても人気となっている理由

排卵検査薬は、何も調剤薬局に売っているものだけではありません。そのため、個人輸入で海外製のものを購入して使っている人も一定数いるそうです。

また、そっちの方が、コスト的にも抑えられるというメリットもあるそうです。加えて、排卵検査薬は飲んだり塗ったりするものじゃありませんから、何があっても自己責任の個人輸入で購入しても、実質危険はゼロなのだとか。

それでも、個人輸入という手続きの煩雑さを考えると、やはり多少高くても薬局で日本製の排卵検査薬を購入する人も多いと聞きます。つまり、日本製の排卵検査薬が、海外製のものに人気をとられているという訳では、決してないんです。

しかし、そうした状況の中でも、高い人気を誇る海外製の排卵検査薬があります。それは、クリアブルーイージーデジタル。もちろん、これも日本では認可されていないため、薬局で売っておらず、個人輸入を利用して購入するしかありません。

しかし、このクリアブルーは、2日前から排卵を予測できるにもかかわらず、値段は1回分につき500円以下と、日本製のデジタル式排卵検査薬のチェックワンデジタルよりもかなり安いため、正に至れり尽くせりなのだとか。確かに、これなら日本での人気が高いのも頷けますね。

それに、個人輸入と言ってもクリアブルーイージーデジタルは、日本語対応の代理店があり普通の通販の感覚で購入できるので、面倒さも少なく届くまでの期間もほぼ変わらないというのも買いやすい部分です。