他の排卵検査薬に比べなぜ高いの?

チェックワンデジタルと比較すると決して高くない

排卵検査薬の値段は、結構まちまちです。例えば、日本で有名なドゥーテストは1回分につき300円強、チェックワンは約350円、P-チェックは約500円ですが、海外製であるワンステップだと70円くらいしかしません。

これだけ見ると、日本製の排卵検査薬の方が高いのかと思いきや…クリアブルーイージーデジタルという海外製の排卵検査薬は、1回分につき500円します。

ただ、海外製でも日本製より安いのもある、というそれはちょっと不正確みたいです。なぜなら、クリアブルーイージーデジタルや、ドゥーテストやチェックワン、P-チェックが属するアナログ式ではなく、デジタル式の排卵検査薬だからです。

そのため、ワンステップなどのアナログ式の海外製排卵検査薬よりは、どうしても高くなってしまうそうです。

アナログ式とデジタル式とでは、構造のレベルが全然違いますからね。そこで、日本製の排卵検査薬と比べる場合は、クリアブルーイージーデジタルと同じデジタル式の、チェックワンデジタルの値段を参考にすべきみたいです。

具体的に言うと、チェックワンデジタルは、1回分につき700円程するため、クリアブルーイージーデジタルよりもかなりコストパフォーマンスは悪いとのことでした。となると、やはり費用を抑えたいなら、デジタル式でもアナログ式でも、海外製の排卵検査薬を選ぶのが良さそうですね。