排卵日検査薬が「一般用医薬品」のカテゴリへ

分類上は妊娠検査薬とは別にされてしまったけど戻った?

排卵日検査薬は、「薬局医療品」というカテゴリーに含まれていました。そのため、普通の薬局やドラッグストアでは売ることができず、欲しい場合は調剤薬局に頼るしかないとのことでした。

ただし、処方箋は不要で購入可能との事。
もしも、調剤薬局で買う場合にも処方箋が必要となると、産婦人科を受診しなければいけなかったので、まだよかったです。

ただ、調剤薬局は、住む地域によってはかなり数が限られてきますよね。
近くに大きな病院がある地域は良いかもしれないですけど。

しかも、調剤薬局の場合、薬剤師さんに直接、排卵検査薬が欲しい旨を伝えなければいけませんから、それも恥ずかしくて個人的には嫌です。ただ、それでも購入方法は簡単になったみたいなんです。

薬事法が再び改正された関係だとかなんですけど、なんでも、前は購入する度、氏名、住所、電話番号等の個人情報を、専用の書類に書く必要があったのだとか。
ちなみに、今は使用経験の有無を聞かれ、初めての場合のみ使用方法の指導を受けるだけで良いそうです。

確かに、マシにはなったんですね。もちろん、安い海外製の排卵日検査薬は、個人輸入で簡単に購入できますが、初めての内は日本製のものを使っておいた方が無難なので、私も最初の内は調剤薬局に頼るようにした方が良いのかなと思いました。

まあ、一度試して無事に妊娠できれば、それであっさり解決ですけど、長引くようなら海外製の高性能の割に安い方が使いやすいなと思うのも本音です。

薬事法が再び改正されたらしく、今は、排卵検査薬が妊娠検査薬と同じ一般用医薬品というカテゴリに戻りました。第一類と第二類での違いはあるそうですが、それも、いずれは、統一される可能性があるようです。